カフェで話す男女


マッチングアプリのユーブライドで出会った30歳代のアラフォーの女性で先生の先さん(サキさん)と3回会って話をしました。

1回目は→こちら
2回目は→こちら
3回目は→こちら

今回はその続きです。

また食事に誘ってみると

サキさんに「また食事に行きましょう」と誘うと、「行きましょう」との返事がきました。
お店を数店ほど調べて連絡すると、ある特定の店について「ここが良いです。人気のお店ですよね。」と返事が。

前は「どこも良いです」といった返事だったので、珍しいなと思って、予約を取れるか聞いてみましたが、もうすでに予約でいっぱいみたいです。やはり人気の店でした。

そこで、別のイタリア料理のお店をランチで予約しました。

イタリアンのお店で食事をすることに

当日、店に到着するとサキさんはすでに到着して車の中で待っています。
近づいて挨拶をして、一緒にお店に入ります。

やはり、会った直後はよそよそしい感じはします。
注文をして、予約が取れなかった人気の店の話をしたら、返事はしてくれます。

お店はイタリアンの料理が一品づつ出てくる感じで、割とあっさりで食べやすい料理でした。夜に来ると恐らく結構高いのではと思えるお店です。
そう考えるとランチで食べに来るのはお得だなと感じます。

お互いの仕事の話はしますが、サキさんは食べているときも冷静に淡々と食べるみたいな感じです。
話しかけないと数分間くらい沈黙のまま食事をするタイミングもあったりします。
前回、最後の方は割と話がはずんでサキさんからも話してくれたのですが、日が変わるとまたクリアされて、初対面に近い状態みたいな感じになる女性です。

こちらから話かけるとようやく話しをしだす感じです。
話しの流れでサキさんの性格の話になると割と自分から話しをしてくれます。

サキさんサキさん

プライベートでは人に頼りたいと思う人間なんですよ。
普段、仕事では頼られることが結構あったりとか、生徒も『どうしたら良い?』とか聞かれたりするのがあったりして。

結之介結之介

そうなんですか。

サキさんサキさん

プライベートでは真逆なんです。他では人に頼って生きていくみたいな。

その後も

サキさんサキさん

頼れることは子供にも頼ります。割といろいろお願いするとやっといてくれる子が大半なんで。言うとみんななんかやってくれるんで。かなり人に頼ることを覚えてます。

とか、

サキさんサキさん

壁を作んないので、私。誰でもおいでって感じで、割と子供たちは寄ってくるし、聞きたいことがあれば来るし、否定は絶対しないので。
なので、結構認めてあげようと思っているので。これができているよねって言うと割と安心するんですよね。みんな一応やってくれますね。

話し方、頼み方がうまいのかもしれません。

その後も怒ったりするのか?とか、相談とかもされたりするのか?とかいった話をしていきました。サキさんは自身の性格に関する話は割と優しい口調で話しをしてくれます。

その話を聞いているとうなずけるところもあります。印象としてはおおらかでしっかりした印象です。
独特な見解もありますが、「私はこういう人です」みたいなことは話してくれます。
自分としてはこういうところが嫌いではないです。興味を持てたり、好感が持てたりする感じです。

また、話をしていると、サキさんは

サキさんサキさん

普段はあまり考えないです。むちゃくちゃ適当なんで。
おおざっぱなんで、やってることは。

といった言葉がでます。
何回か会ってはいますが、こういった感じがまだ見えてこないので、もう少し素が見られればなとも思ったりします。

そうこうしているうちに食事が終わり、周りを見渡すとお客さんが誰もいなくなっています。時間的にもそろそろ出る時間です。
今回は食事の後にカフェに誘ってみたら、大丈夫とのことだったのでカフェで話をすることにしました。

食事後、カフェで話をすることに

もう数回会っているので、カフェに入ってからはちょっと突っ込んだ話をしようと思っていました。
それで、自分から今思っているサキさんの印象と好意を伝えました。

何回か会って、感じの良い人だと思っていること。
全部見えていないので、好きといえるところまではいってないけど、おおらかなところとかしっかりしたところとか、素敵な人だなとは思っているといったことは話しました。

すると、サキさんから

サキさんサキさん

私から見てて、見せている一面は全部ですか?

サキさんとしても、まだ私のことが良く分かっていないんだろうと思います。

結之介結之介

まだ、固い部分もあるかもですが、こんな感じだと思います。
相手の反応次第になっちゃうところもあるんで、まだ全部見せてはいないかもしれないですが。

サキさんサキさん

イメージ的にはシッカリしている人かなってイメージですけど。

結之介結之介

仕事はそうしたいと思っていますが、プライベートは自分も結構適当です。
そんなにしっかりはしてないです。

自分のありのままの話をして、どう思ってくれるかということなんだろうと思います。

その後、サキさんのお付き合いをしてきた人の話となり、

サキさんサキさん

まめな人が多かったかもです。私がダラダラしている分。

結之介結之介

そういう相手じゃないとダメってことではないですよね。

サキさんサキさん

ダメではないですけど、続かないです。私から連絡することはあんまりなかったので、今までも。
別に楽しいことがあったらそれで大丈夫と思ってしまうタイプなので。

結之介結之介

割とめんどくさがりなんですよね。

サキさんサキさん

基本そうですね。めんどいですね。めんどいなって思うことが結構あります。

やはり、めんどいという言葉がでます。
相当めんどくさがりなんだと思います。何回か会ってきましたが毎回聞く言葉です。

確かにデートの誘いは基本、男性の自分の方からですが、それはある意味当然とは思っています。
女性の方からデートに誘うケースもあるかもしれないが、最初のうちは男性からの方が多い気がしてます。

どの程度めんどくさがりなのかは今後会ってみてなのかなと思ったりもします。

自分で動くタイプ?そうでもないタイプ?

その後、サキさんから

サキさんサキさん

好きなことだったら自分で動くことが多いです。相手を連れ回して、あげく疲れたって言われるみたいな。向こうが行きたいところがあったらそれについて行くだけって感じです。そんなに主張はしないです。

サキさんサキさん

好きなことはハマります。そうじゃなかったりして、ワクワクしなかったら行かないです。

結之介結之介

行かない時もあるんですか?

サキさんサキさん

あります。あります。
誘われて、気持ちがのらなかったら行かない。

サキさんサキさん

それが顔に出るので、一緒に行ってつまらない顔をしてたら相手に申し訳ないと思うので、それを見せるぐらいなら、その時間拘束するわけじゃないですか。その時間別なことをやっていた方がこの人は有意義な時間を使えるだろうみたいなことはありました。

言いたいことは分かります。つまらないものには付き合わないというスタンス。
これはこれでそうかなとは思います。自分もつまらないものには付き合いたくはないと思うし。

ただ、一緒に行くところを決めたりしないんだろうかとは思ったりもします。恐らく一緒に決めることもなかったんだと思いますが。

サキさんサキさん

だいぶ長く付き合った人がいて。

結之介結之介

あっ、20代の頃ってことですよね?

サキさんサキさん

はい。本当にその人が全部色んなことをやってくれたので、『色んなことをやってくれる人じゃないとダメだね。』って言われたことがあって。

結之介結之介

へー、そうなんですね。長く続く人はそんな感じの人なんですね。

サキさんサキさん

私がやらない分、相手もやらなかたら多分終わる。
そんな感じです。
そのぐらい自分から動くことはないっていうタイプなので。
やってあげたいっていう人がほとんどでした。

結之介結之介

どこまでのことを言ってるのか、付き合ったことがないので分からないですが。
どこかに行くことになっても基本何もしないよと思っとけば良いですよね?違うのかな?

サキさんサキさん

多分、言われたらやるんでしょうけど、それをさせない人が多かったんですよ。私に考えさせないみたいな。

結之介結之介

割とキッチリした人が多かったんですね。

ここもやはり自分から動くことはないということをアピール?してくる。
余程、面倒見の良い男性と付き合ってきたのだろうと思ったりします。それとも私がそうではなさ過ぎるのか?

ここまで言われるとサキさんは余程何もしない人のように思えてきますが。どの程度なのかはやはり今後会ってみないと分からない部分があります。

サキさんサキさん

自分でも自分の性格がたまによく分からなくなるんです。たまに自問自答したりします。私何したいんだろう?私どうしたいんだろう?って感じで。

結之介結之介

生徒さんが聞いたらビックリするような?

サキさんサキさん

生徒の中のイメージもしっかりしているっていう感じみたいで、クラスの女の子が『普段の彼氏にもビシバシ言ってんの?』って言われて。

結之介結之介

そう、そういうイメージだな。

サキさんサキさん

『その逆って。』言って、『普段そんなんじゃないよ。』って言って、ビックリされる感じで。土日はスイッチオフなんですよ。

私の中でも割としっかりしたイメージだが、そうではない模様。
でも言うことは結構ビシバシ言う女性の様な気もするんですが。

そして、話している中で、サキさんから私に言ってくれたことがありました。

感情が分からないことが多いので、言ったコメントの後に一言、感情的な発言があった方が良い、とのこと。
確かに自分は感情的な発言が少ないかもしれないので、そういうことを言われるとなるほどと思ったりします。
自分の苦手な部分です。

色々話すようになって

その後、サキさんも色々話すようになってきて、デートはどこに行ったりする?といった話だったり、お互いの性格についてだったり、結構長い間、話をしました。今まで会った中で最も長かった気がします。

辺りも暗くなってきたので、そろそろ帰ろうかということで、次回もまた会う約束をして、帰ることにしました。

ただ、ランチの時もそうでしたがカフェでも自分が会計をしましたが、やはりサキさんは財布を出す仕草もなければ、お礼の言葉もありません。
こういう女性なんだろうというは分かってきているので、自分も気にしなくなっています。
こういうのが彼女の甘え?なんだろうかとも思ったりしますが、真意は分かりません。

また、次回も会ってみようと思います。

ユーブライドの案内はこちらから ➤ ユーブライド